失敗しないペアジュエリー向けの素材

   

大事なお相手がいる方で、気持ちをカタチで表現できるペアジュエリーを身につけたいと考えた事が一度はあるのではないでしょうか。繋がりがカタチで見えるペアジュエリーは、互いの絆を更に深めることができるアイテムとして今も昔も人気で定番のペアアイテムです。カジュアルなものからその先を見据えた意味あるものまで様々なペアジュエリーがありますが、どのようなタイミングでペアジュエリーを身につけるかによって、デザインや素材に考える部分が沢山出てきます。まずは二人の嗜好が似ているのかそうでないのかが一番問われる所です。相手の気持ちを思いやって身につけることも大事。互いの好みだけを押し付けることなく身につけられるペアジュエリーを選びましょう。サプライズでプレゼントする(される)のもいいですが、二人で一緒に選ぶのも大切です。

ペアジュエリーは劣化しやすい素材は避けること

何かの記念や、これから続くふたりの絆や誓いの証とするペアジュエリーの場合、メンテナンスが容易ではなく劣化しやすい素材のジュエリーは避けるべきでしょう。また、トレンドに走り過ぎるのも良くありません。あまりにも「流行りのデザイン」「旬なデザイン」に飛びついてしまうと、年月が経過するとともに古臭く感じてしまいがちです。また劣化しやすい素材を選んだ場合、長く身につけたいと思っていても素材の劣化が理由で外さなくてはならなかったりしますので気をつけましょう。大切な思いを表現するのであれば、貴金属が一番向いていると考えます。きちんとお手入れすれば、長く美しさを保ったままでおそろいの喜びを味わうことができる素材です。飽きの来ないデザインを選べば、シーンを問わずに身につけても邪魔にならないでしょう。

相手が金属アレルギーの場合のペアジュエリー

肌が弱く、日ごろからアクセサリーや服のファスナーや金具の位置にも気を配らなければならない方は、ペアジュエリーを身につけるどころではないかもしれません。ですが、事前に自分がどの金属でアレルギーを引き起こすのか分かっていれば怖がることはありません。以前は金属アレルギーとわかると身につけたくても我慢するしかなかった指輪やピアスなども、アレルギー素材を排除したアクセサリーが大変多く出回っていますので、安心しておしゃれを楽しむことができる時代です。ペアジュエリーも一般的にアレルギーを引き起こしやすい素材を排除したものや、医療用器具に使用される金属を使って作られたジュエリーなど、配慮された素材で出来たアクセサリーも出回っています。お二人の絆がさらに深まるペアジュエリーが見つかりますように。