家庭のトイレつまりを放置することで生じるトラブル

トイレのつまりに見舞われる原因

トイレは誰でも必ず使う設備なので利用頻度が高く、トラブルも生じやすい傾向があります。特に配管のつまりはどの家庭でも生じる可能性があるトラブルですが、正しい使い方を守ることで殆どのトラブルは回避することが可能です。トイレつまりの原因はトイレットペーパーの使い過ぎが多数を占めます。水に溶ける紙でも大量に流そうとすると配管に引っ掛かり、水が流れなくなります。異物が引っ掛かった配管を放置すると耐久性が低下して亀裂などの重大な損傷を引き起こす可能性があります。また、水が逆流して汚物で室内が汚損することもあるので注意が必要です。

異常の放置による設備の破損を防ぐための方法

配管の異常はそのまま放置すると重大な破損に繋がるので、毎日の使用の際には少量ずつ流して引っ掛からないように努めるのが効果的な予防法です。また、市販されている水溶性の紙であっても出来るだけそのまま下水に流すのは控えます。配管は細い形状の物が多く、わずかでも溶けきれずに残ると引っ掛かりやすくなるためです。ペット用の砂や清掃用品など、水溶性であっても下水に流すのに適さない物は特に注意します。排泄物や吐しゃ物などの汚物も配管内に引っ掛かり、水の逆流をはじめとするトラブルを引き起こすケースがあります。流す際に使用する水の量が少ないと配管内に残りやすくなるので水量の調節にも気を配ります。近年では排水量を減らす節水グッズが市販されていますが、使い方を誤ると設備の破損に繋がるので過剰な節水は控えるのが肝心です。

設備の異常を適切に修復するためのポイント

排水設備の傷みは時間が経過すると周囲の建材にも水濡れを伴う異常をもたらすので、速やかに適切な修復を施すことが大切です。特に汚水を流す設備はわずかでも水漏れが生じると衛生面で大きな不具合が生じるので早急な修復が必須ですが、素人作業では却って設備を大きく破損させてしまう可能性があります。そのため、専門業者に依頼するのが最も適切な対処法ですが、傷みを放置した期間が長いと修復作業も手間がかかってしまいます。費用が嵩んでしまう他、作業中は使用出来ないので異常が生じたら軽微なうちに修復を依頼するのが負担を大きくしないための心得です。特に築年数が長い物件の場合は経年劣化で設備が傷んでいることが多いので、目立った異常が無い場合でも定期的に検査を行うのがトラブル回避に繋がります。