トイレのつまりの原因を見つけることが大切です

ちょっとした工夫で対策できます

トイレがつまる原因には構造上の問題や使い方などが関係してきます。その中で多いのが、使用済みの紙を一度に流しすぎるというのが多いです。紙は水を吸うと膨らんだりして流れにくくなります。それによって、途中で詰まってしまいより流れにくくなってしまいます。そのため、対策としては使用済みの紙を一度に流さないようにすることが大切です。もちろん、個人差もありますが、多いなと感じたら一度流してから、もう一度使用済みの紙を流すように工夫をすることで防ぐことができます。

節水をしすぎるのもよくありません

トイレは毎日使う部分であり、家族が多いとその分使用頻度が多くなります。そのため、できるだけ節水をしようとペットボトルなどを入れている人がいます。しかし、過度に節水をすると流す水の勢いが少なく最後まで流れにくくなってしまいます。それによって、一見しっかりと流れたように見えて、排水管の中でつまり流れが悪くなることがあります。そのため、節水をするときには適度に行うことが大切です。ちなみに、大便をした後に小で流す人もいますが、先ほどの理由と同じようにしっかりと流れないため詰まる原因になります。しかも、流れ切らないとまた水を使うため、結果的に使用料を増やすこともあります。そのため、大で流すようにすることが大切です。しかも、便器によっては排水管の形状が異なり、カーブが多いタイプだと詰まりやすい傾向にあるので、できればタンクの水は調整しないようにすることが必要です。

原因をある程度見極めることができます

トイレのつまりの原因は様々ありますが、流れ具合で見極めることもできます。まずは、流した後に徐々に引いていく場合には紙などが詰まっていることが多いです。この場合には、バケツなどを使って多めの水で流すと改善することがあります。そして、流れるときにゴボッという音がする場合には、大量の紙や異物が詰まっていることが多いです。その時には、ラバーカップを使って改善するほか、水を多めに流してみることが必要です。そして、一番大変な事態が全く流れなくなった場合です。この場合はラバーカップを使って異物を取り除いたり、流すことが先決です。特に、パイプの奥のほうに詰まっている場合は何度か繰り返すことで改善していくことができます。それでも、つまりがよくならない場合は専門業者に見てもらい、修理を依頼することが必要となります。