タンク内の水をチェックしてみよう

家の中でも特にトイレは使えなくなると困る部分です。そのトラブルにも多くの種類がありますが、特につまりは多いトラブルです。水が流れなくなると焦ってしまいますが、まずは落ち着いて行動することがおすすめです。まず、直し方としてはタンク内の水をチェックしてみてましょう。節水目的でペットボトルなどを入れている家庭は多いですが、そうなるとタンク内に水を十分に貯めることはできなくなります。つまってしまう原因のひとつには水の量が十分でないこともありますので、流す時はたっぷりの水を使うようにしましょう。最近の機器はすでに節水タイプとなっていることが多いので、さらに水を抑えてしまうと十分に流れなくなってしまいます。節約はもちろん大事ですが、下手をすると修理代でかえって高くつく場合もありますので注意が必要です。

ペーパーが詰まっている場合はしばらく放置

トイレのつまりの原因で多いものには、トイレットペーパーを流し過ぎたということもあげられます。ペーパーは水に溶ける性質がありますので、直し方としては、しばらく放置してから、もう一度流すとそれだけで改善できる場合もあります。さらにティッシュなどの溶けない紙を流してしまうこともつまりにつながりますので、専用の紙は使わないようにしましょう。お掃除シートなども流せるタイプのものもありますが、一度に多くの枚数を流そうとするとつまってしまうこともありますので、こちらも気をつけたいところです。生理用のナプキンや紙おむつも流してしまうとふくらみ、簡単に取れなくなってしまいますので、うっかり落としてしまったらできるだけ早く取り除いておきましょう。

市販のラバーカップを利用してみよう

つまりの手軽な直し方としては、市販のラバーカップを使う方法がよく選ばれています。ラバーカップはホームセンターなどで購入できますが、安いものだとゴムが弱いものもありますので、しっかりとしたタイプを選ぶことがおすすめです。押し込むときはゆっくり、そして引き戻す時は勢いよく引っ張るようにしましょう。水位もあまりに多い場合は作業もしづらいので、バケツなどで汲み取り水位を低くして行うことがおすすめです。和式と洋式ではラバーカップの形状も違いますので、間違いなく選びましょう。ラバーカップのほかにはワイヤーブラシや真空式のパイプクリーナーも便利です。こうした機器を使っても改善が難しい場合はやはり水道トラブルの専門の業者に依頼することがおすすめです。異物などが詰まってしまった場合は個人で対応することが困難となりますので早めに相談しましょう。

軽微な作業は1,000円~承っております。基本料金を明確に提示し、必ず作業前に確認いたします。 ご相談のお電話から現地でのお見積りまで無料で対応しているので、お気軽にご相談いただけます。 ビルオーナー、管理会社からのお問い合わせがあります。 つまり・水漏れなどの水回りトラブルの緊急駆けつけサービスを提供しております。ご連絡お待ちしております。 トイレのつまりに困ったらこちら